スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー中に痙攣していたのは僕です。

今日は、髪を切断しに行きました。


髪を切断し終わった後、シャンプーをするときに、
「痒いところはありませんか?」
と毎回聞かれます。
そこで、いつもは、
「はい。」
と簡単に返事をするんですが、「はい」が「ない」に聞こえないか心配になってきて、今日は「はい」以外の返事にしようと思い、なんて答えようかなぁとシャンプーをされながら考えました。

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「ありません。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「ないです。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「今のところありません。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「無問題」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「記憶にございません。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「すいませんでした。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「ちんこォォォォォ!!」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「僕は死にましぇぇぇぇん!」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「ここにはありません。」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕 "Yes,I am"

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「クリリンのことかぁぁぁぁ!!」

-------------------

店「痒いところはありませんか?」
僕「パペットマペット!」

-------------------

というような他人に聞いてもらっても、くだらないと思われるような事ばかり、考えていました。
自分で自分が思いついたことが面白くて時々体が痙攣しました。
僕は、その痙攣を必死に抑えました。


変なことばかり考えているうちに、ついに聞かれてしまいました。

店「痒いところありますか?」
僕「ぁ・はい・・・」

と反射的に答えました。
その返事をした瞬間やばいと思いました。
いつもは、お店の方は、「痒いところありませんか?」と聞くのに、今日に限って「痒いところはありますか?」と聞いてきたのです。「はい」と返事をしてしまったので、痒いところがあるということになります。お店の人も驚いたに違いありません。

しかし、何事もなかったかのようにシャンプータイムは終了しました。よかった。よかった。

お店の人が気遣ってくれたのかもしれません。


終わり。


今日は、文字の大きさも書体も変えなかったので、あっさりした感じになりましたね。

明日は、結構面白い記事が書けそうです。
ご期待ください。


ここをクリックしてくださいますと、このブログの人気が少しだけ上がります。【人気ブログランキング】

シャンプー中に痙攣しだす人のブログの現在の順位も確認出来ます(この記事を書いたときは13位でした)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちいきい

Author:ちいきい
29歳になってしまった。この間まで19歳やったのに。

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。