スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

このブログの筆者は死にました。
ですので、筆者に代わり、私が最後の記事を投稿させて頂きます。
突然すぎるので、私もあいつが死んだとは実感がわきません。いろいろ悩んでいたのは、知っていましたが、まさか死んでしまうとは思いませんでした。本当に夢にも思いませんでした。あいつは正真正銘のバカですよ。口だけの男ですよ。カラオケで「死ぬまで生きてやろうじゃないか」とよく歌っていたのに・・・。
理由が何かは、分かりませんが・・・顔がキモイからでしょうか?動きがキモイからでしょうか?モテないからでしょうか?あいつは、「モテない」というようなことをよくブログに書いていましたが、モテないながらにも、恋愛でいろいろと悩むことが多かったようです。人に相談せず、自分の中に閉じ込めてしまう性格なので、はっきりと話を聞いたことはありませんが・・・
これからの人生についても悩んでいたようですね・・・「あ~どうしよ?」と、よく一人で言っていました。
バカですね本当。変人を超えてますよ。超変人ですよ。スーパー変人ですよ。

今まで見てくださっていた方々、本当にありがとうございました。
本人もそう思っているはずです。

カウンターはもう動きませんが、あいつは、今もあの世で元気に貧乏ゆすりしていることでしょう。















で、終わろうかと思いましたが、死んだあとも笑ってもらえたほうが、あいつも喜ぶと思うので本当のことを書こうと思います。


あれは、カラオケ行った帰りでした。時刻は、深夜4時前後。雪がちらほら見えるとても寒い日でした。大きな川の橋の上を歩いているとき、あいつが、なにやらつぶやき始めした。


「寒ぃ・・・さみぃ・・・さみぃよ~!!」


続いて、こんなことをつぶやき始めました。


「風呂入りてぇ・・・風呂入りてぇ!風呂入りてぇぇええ!!
風呂入りたくない?」


叫んだ後、突然私に聞いてきました。私は、「うん、風呂入りたいね」と軽く受け流しました。その瞬間!まさにそのときでした!
あいつはとんでもない行動に出たのです!



「一番風呂ぉぉぉおぁあ嗚呼!!!!!!!!!!!!」



そう叫びながら、橋の上から川に飛び込みました。スカイダイビングのようなポーズで。


「ベチィ!!チュバーン!!」


「バシャーン」とかじゃなくて、「ベチィチュバーン」と音がしました。とても痛そうな音でした。今でもその音は耳から離れません。
本当にバカですよね?あいつ。こんな寒いときにあんな高い橋の上から飛び込むなんて・・・
しかも、あいつは泳げないのです。息継ぎできないのです。案の定溺れていました。笑えませんよ、まったくもう。川の岸までは、25メートル以上あります。あいつは、20メートルも泳げたことがないと、たしか嘆いていました。
私たちは、走って、橋を渡り、川の岸まで行きました。しかし、手遅れでした。あいつは、気持ち良さそうに川の上にプカプカ浮いていました。本当に笑えませんよ。私たちは、混乱し、携帯で消防車を呼ぼうとしたりしているうちに、あいつを見失ってしまいました。多分流されたのだと思います。諦めて、私たちは、解散しました。



心よりご冥福をお祈りしております。



20060213135708.jpg

※この物語はフィクションです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホントに?

なんか信じられなぃんですけど…。冗談ぢゃなぃんですか?

これほんまなン??!!
冗談でぁッてほUィヮ…( ̄□ ̄; 

んんー?

コラ!悪ふざけはイカンぞちいきい。

ちいきいは亡くなったそうですが、彼はいきています。

私がこんなこと書くのはおかしいかもしれないけど、ちいきいのことを大事に思っているみんなに、これ以上私のように傷ついてほしくないので、連絡します。ただ、彼はブログをやめたかっただけみたいです。私のように、彼の言葉で、傷ついて涙を流したひとに安心してもらいたく、このコメントをします。そのうち、彼から何かあると思います。こってりお説教しときました。人の命を簡単に無責任な言葉で片付けないでくださいと、ちゃんと言っておきました
プロフィール

ちいきい

Author:ちいきい
29歳になってしまった。この間まで19歳やったのに。

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。